京都大学 大学院医学研究科 社会健康医学系専攻

薬剤疫学・臨床研究管理学

われわれの研究室は、多様なバックグランドの研究者や学生たちが、
臨床現場や社会、産業の疑問に根ざした
さまざまな研究を行っている、非常にユニークな集団です。

  • 川上 浩司教授
  • 教授: 川上 浩司
  • Koji Kawakami, M.D., Ph.D., Professor

概要

  • 健康解析学講座 薬剤疫学分野
  • 教授:川上 浩司
  • 准教授 竹内 正人
  • 准教授(特定) 堀部 智久
  • 助教(特定) 佐藤 泉美、吉田 郁美、松林 恵介、関 知嗣
  • 助教(政策のための科学 特定) 井出 和希、裕野 恵
  • TEL:075-753-9469(代)
  • FAX:075-753-4469
  • e-mail:info@pe.sph.med.kyoto-u.ac.jp
  • URL: http://square.umin.ac.jp/kupe/

当教室は、臨床疫学研究を主導し、また日本の国立大学医学部において薬剤疫学を標榜する唯一の正規講座です。

臨床疫学は、1980年代から発展を遂げた学問であり、医療現場における各種の疑問(クリニカルクエスチョン)を研究可能なデザイン(リサーチクエスチョン)として臨床研究を実施する学問です。また、薬剤疫学という学問は、臨床疫学と臨床薬学にまたがる分野として1980年代に米国で確立した領域です。これらがカバーする研究領域は、医療における診断方法や、治療方法の効果や副作用に関するアウトカムリサーチ、医療の費用対効果を評価する経済研究、医療や医薬品、医療機器の安全性や有効性評価、政策や制度に関するレギュラトリーサイエンスと幅広いものとなりつつあります。日本には、これらすべての領域にわたって層の厚い研究者と理解者がいるというわけではなく、まだまだ裾野の拡大と更なる分野の振興が望まれるところです。

我々の研究室は、多様なバックグラウンドの研究者や学生たちが、各種の豊富な医療、健康関連のデータベースを駆使して、自身の臨床経験や社会人経験に基づいた臨床疫学、薬剤疫学の領域でのアウトカム研究、医療や医薬品の費用対効果といったヘルステクノロジーアセスメント(HTA)のような研究を行っている、非常にユニークな集団です。多様な研究を実施して、またお互いの研究を知るうちに、誰も思いつかなかったような価値観を創出、インキュベーションできるような、まったく新しい研究領域が勃興する予感をしばしば抱いています。

我々は、未来の医療、社会、産業、政策等を担うための新しい医学を志す大学院生や、若手研究者をお待ちしております。

また、2011年度から、京都大学は、大阪大学とともに「政策のための科学」という文部科学省の長期の取組の領域拠点に採択されました。様々な政策課題について、所謂有識者の意見やメディアの喧伝によらず、科学的な根拠をもとに論理的に検討し、その結果を社会に伝えて関係者と対話をしていくというプロセスはまだ世界中で発展途上であります。このような新しい領域の教育による人材を養成し、各界に輩出していくということは極めて重要です。関係各位のご支援を賜るとともに、関心のある学生の参加も期待しています。 本プログラムのウェブサイトはhttp://stips.jp/ですので、ぜひご参照ください。

研究・教育について

私たちの研究室では、研究室全員が大きく分けてドライチームかウェットチームのどちらかに所属しています。ドライチームは、臨床疫学・薬剤疫学研究、行政や規制関連の研究、医学と社会・産業化の研究、といった研究、ウェットチームでは医薬品・生物製剤・医療機器を用いた新規診断・治療法の探索研究、実験系での新規安全性評価の手法の確立を中心に研究活動をおこなっています。

ドライ領域における研究は、医師や薬剤師、看護師などの医療従事者や、製薬企業で開発や臨床・経済評価を担当する方、省庁で政策や行政を担当する方が有する、それぞれの現場での疑問を実施可能な研究デザインとしてテーマを設定し、教員の指導を受けて研究を実施、論文発表していくことになります。また、将来この分野の顕著な研究者を志す若手学生のサポートも全力で行います。研究のキーワードは臨床疫学薬剤疫学医療機器などによる診断疫学EBMレギュラトリーサイエンス費用対効果比較効用性分析(CER)ヘルステクノロジーアセスメント(HTA)などとなります。これらの領域は、日本における既存の疾患別臨床医学、基礎医学、医療薬学の枠内では研究業績も人材もまだまだ欠如しているため、私達の教室の活動や出身者は、近い将来、各所から極めて望まれるものとなるでしょう。

ウェット領域における研究は、我々の発明したハイブリッドペプチド技術による抗癌剤の研究が中心となります。次世代創薬も含め、研究のための研究にはとどまらず、薬学部や生命科学、理学などの研究者とは一線を画した医学部の教室ならではの応用研究を念頭においた力強い研究活動を実施しています。

研究業績

ドライ(dry)

  1. Kimura T, Takeuchi M, Imai T, Tanaka S, Kawakami K, and Neonatal Research Network of Japan. Vaginal versus cesarean delivery for neurodevelopment at 3 years in neonates born at <26 weeks of gestation: retrospective analysis of a nationwide registry in Japan. Neonatology. 2017;112(3):258-66
  2. Imai T, Tanaka S, Kawakami K, Miyazaki T, Hagino H, Shiraki M. for the A-TOP research group. Health state utility values and patients reported outcomes before and after vertebral and non-vertebral fractures in an osteoporosis clinical trial. Osteoporosis International. 2017 Jun;28(6):1893-1901
  3. Yoshida S, Takeuchi M, and Kawakami K. Prescription of antibiotics to pre-school children from 2005 to 2014 in Japan: a retrospective claims database study. Journal of Public Health. 2017 Apr 27:1-7.
  4. Kochi K, Sato I, Nishiyama C, Tanaka-Mizuno S, Doi Y, Arai M, Fujii Y, Matsunaga T, Ogawa Y, Furukawa TA, and Kawakami K. Trends in antipsychotic prescriptions for Japanese outpatients during 2006-2012: a descriptive epidemiological study. ?Pharmacoepidemiology and Drug Safety. 2017 Jun;26(6):642-56
  5. Kadohara K, Sato I, and Kawakami K. Diabetes mellitus and risk of early-onset Alzheimer’s disease: A population-based case-control study. European Journal of Neurology. Jul;24(7):944-9
  6. Bachmann CJ, Aagaard L, de Abajo FJ, Bernardo M, Brandt L, Cartabia M, Clavenna A, Coma Fuste A, Furu K, Garuoliene K, Hoffmann F, Hollingworth S, Huybrechts K, Kalverdijk LJ, Kawakami K, Kieler H, Kinoshita T, Lopez SJ, Machado-Alba JE, Machado-Duque ME, Mahesri M, Montero D, Nishtala P, Piovani D, Reutfors J, Saastamoinen LK, Sato I, Schuiling-Veninga CCM, Shyu YC, Siskind D, Skurtveit S, Verdoux H, Wang LJ, Yahni CZ, Zoega H, and Taylor D. Trends in clozapine prescribing in 17 countries, 2005-2014. Acta Psychiatrica Scandinavica. 2017 Jul;136(1):37-51
  7. Shinzawa M, Tanaka S, Tokumasu H, Takada D, Tsukamoto T, Yanagita M, and Kawakami K. Maternal smoking during pregnancy, household smoking after the child’s birth, and childhood proteinuria at age 3 years. Clinical Journal of the American Society of Nephrology. 2017 Feb 7;12(2):253-60
  8. Wilunda C, Tanaka S, Esamai F, and Kawakami K. Effects of prenatal anaemia control interventions on anaemia in children aged 6-23 months in sub-Saharan Africa: evidence from national surveys. Maternal & Child Nutrition. 2017 Jul;13(3)
  9. Wilunda C, Tanaka S, Putoto G, Tsegaye A, and Kawakami K. Evaluation of a maternal health care project in South West Shoa Zone, Ethiopia: before-and-after comparison. Reproductive Health. 2016 Aug 20;13(1):95
  10. Kadohara K, Sato I, Doi Y, Arai M, Fujii Y, Matsunaga T, and Kawakami K. Trends and prescription patterns of anti-Alzheimer disease drugs used in Japan from 2010 to 2015: A descriptive study based on pharmacy claims databases. Neurology and Therapy. 2017 Jun;6(1):25-37
  11. Hanaki N, Sengoku S, Imanaka Y, and Kawakami K. The clinical application of medical science research: investment and duration. Journal of Translational Science. 2016;2(5): 272-6.
  12. Kawamura T, Sato I, Kawakami K. Factors influencing the placebo effect in patients with primary open-angle glaucoma or ocular hypertension: an analysis of two randomized clinical trials. PLoS ONE. 2016 Jun 2;11(6):e0156706
  13. Tokumasu H, Tokumasu S, and Kawakami K. Impact of pre-eclampsia in extremely premature infants: a population-basen study. Pediatrics International. 2016 Jul;58(7):578-83.
  14. Sato A, Hamada S, Urashima Y, Tanaka S, Okamoto H, and Kawakami K. The effect of false-positive results on subsequent participation in lung cancer screening with chest X-ray. Journal of Epidemiology. 2016 Dec 5;26(12):646-53
  15. Guan J, Tanaka S, and Kawakami K. Anticonvulsants or antidepressants in combination pharmacotherapy for treatment of neuropathic pain in cancer patients: a systematic review and meta-analysis. Clinical Journal of Pain. 2016 Aug;32(8):719-25.
  16. Takizawa O, Urushihara H, Tanaka S, Doi Y, Arai M, Matsunaga T, Ogata N, and Kawakami K. Utilization trends and management and prescription of oral anticancer medicines using nationwide pharmacy databases and a questionnaire survey of community pharmacies in Japan. International Journal of Pharmacy and Pharmaceutical Research. 2015;4(3):150163
  17. Takabayashi N, Murata K, Tanaka S, and Kawakami K. Cost-effectiveness of proton pump inhibitor co-therapy in patients taking aspirin for secondary prevention of ischemic stroke. PharmacoEconomics, 2015 Oct;33(10):1091-100
  18. Yamamichi J, Seto K, Hinotsu S, Nagata K, Kobayashi Y, Urushihara H, and Kawakami K. Patterns and trends in diagnostic tests use for detection of colorectal cancer after screening with the immunochemical fecal occult blood test in Japan. Open Journal of Clinical Diagnostics. 2015;5:107-16
  19. Tanaka S, Shinzawa M, Tokumasu H, Seto K, Tanaka S, and Kawakami K. Secondhand smoke and incidence of dental caries in deciduous teeth among children in Japan – Results from the Kobe Offspring Study. BMJ. 2015 Oct 21:351:h5397
  20. Takizawa O, Urushihara H, Tanaka S, Kawakami K. Price difference as a predictor of the selection between brand name and generic statins in Japan. Health Policy. 2015 May;119(5): 612-9.
  21. Hamada S, Tokumasu S, Sato A, Iwasaku M, Kawakami K. Asthma controller medications for children in Japan: analysis of an administrative claims database. Global Pediatric Health. 2015 Apr 2;2:2333794X15577790
  22. Murata K, Hinotsu S, Hamada S, Ezoe Y, Muto M, Kawakami K. The changing patterns of dispensing branded and generic drugs for the treatment of gastroesophageal reflux disease between 2006 and 2011 in Japan: a retrospective cohort study. BMC Health Service Research. 2015 Feb 27;15:76
  23. 川上 浩司. 医療系リアルワールドデータを用いた臨床疫学、薬剤疫学、費用対効果研究. 新技術活用のための法工学:リスク対応と安全確保の法律(近藤恵嗣・編著). 民事法研究会, pp320-343, 2016.
  24. 川上 浩司. 医療技術評価(世界医学サミット(WHS)京都会合2015のトピックス). 医療レジエンス:医学アカデミアの社会的責任(編集代表・福原俊一). 医学書院, pp82-89, 2015.

 
ウェット(wet)

<特許>

  1. 「EGFRを標的とした新規抗癌キメラペプチド」川上浩司、河野雅之、堀部智久、他3名
    PCT/IB2009/055476
  2. 「HSP90を標的とした新規抗癌キメラペプチド」川上浩司、河野雅之、堀部智久
    PCT/JP2009/069405

<最近の主な論文発表など>

  1. Horibe T, Torisawa A, Kurihara R, Akiyoshi R, Hatta-Ohashi Y, Suzuki H, and Kawakami K. Monitoring of Bip promoter activation during cancer cell growth by bioluminescence imaging technique at single cell level. Integrative Cancer Science and Therapeutics, in press, 2015.
  2. Kikuchi O, Ohashi S, Horibe T, Kohno M, Nakai Y, Miyamoto S, Chiba T, Muto M, Kawakami K. Novel EGFR-targeted strategy with hybrid peptide against oesophageal squamous cell carcinoma. Scientific Reports, in press, 2016.
  3. Gaowa A, Horibe T, Kohno M, Harada H, Hiraoka M, and Kawakami K. Potent anti-tumor effects of EGFR-targeted hybrid peptide on mice bearing liver metastases. Clinical & Experimental Metastasis, in press, 2015.
  4. Honjo Y, Ayaki T, Tomiyama T, Horibe T, Ito H, Mori H, Takahashi R, and Kawakami K. Increased GADD34 in oligodendrocytes in Alzheimer’s disease. Neuroscience Letters, in press, 2015.
  5. Kohno M, Horibe T, Ohara K, Ito S, and Kawakami K. The membrane-lytic peptides K8L9 and melittin enter cancer cells via receptor endocytosis following subcytotoxic exposure. Chemistry and Biology, 21: 1522-1532, 2014.