京都大学 大学院医学研究科 社会健康医学系専攻

薬剤疫学・臨床研究管理学

われわれの研究室は、多様なバックグランドの研究者や学生たちが、
臨床現場や社会、産業の疑問に根ざした
さまざまな研究を行っている、非常にユニークな集団です。

  • 川上 浩司教授
  • 教授: 川上 浩司
  • Koji Kawakami, M.D., Ph.D., Professor

概要

  • 健康解析学講座 薬剤疫学分野
  • 教授:川上 浩司
  • 准教授:田中 司朗
  • 講師(特定): 堀部 智久・河野 雅之
  • 助教(特定): 瀬戸 佳穂里・佐藤 泉美・井内田 科子・吉田 都美
  • 助教(政策のための科学 特定): 堀 さやか
  • TEL:075-753-9469(代)
  • FAX:075-753-4469
  • e-mail:info@pe.sph.med.kyoto-u.ac.jp
  • URL: http://square.umin.ac.jp/kupe/

臨床疫学は、1980年代から発展を遂げた学問であり、医療現場における各種の疑問(クリニカルクエスチョン)を研究可能なデザイン(リサーチクエスチョン)として臨床研究を実施する学問です。また、薬剤疫学という学問は、臨床疫学と臨床薬学にまたがる分野として1980年代に米国で確立した領域です。これらがカバーする研究領域は、医療における診断方法の評価、医薬品等による治療方法の効果や副作用に関するアウトカムリサーチ、医療の費用対効果を評価する経済研究、医療や医薬品、医療機器の安全性や有効性評価のためのレギュラトリーサイエンスと幅広いものとなりつつあります。日本には、これらすべての領域にわたって層の厚い研究者と理解者がいるというわけではなく、まだまだ裾野の拡大と更なる分野の振興が望まれるところです。 我々の研究室は、多様なバックグラウンドの研究者や学生たちが、自身の診療経験や社会人経験に基づいた臨床疫学、薬剤疫学の領域でのアウトカム研究、医療や医薬品の費用対効果といったヘルステクノロジーアセスメント(HTA)ともよばれる研究、医薬品や医療機器の開発や市販後の安全性や有効性評価のためのレギュラトリーサイエンスといった様々な研究を行っている、非常にユニークな集団です。多様な研究を実施して、またお互いの研究を知るうちに、誰も思いつかなかったような価値観を創出、インキュベーションできるような、まったく新しい研究領域が勃興する予感をしばしば抱いています。 我々は、このような今後の医療、社会、産業、政策等を担うための新しい医学を志す大学院生や、若手研究者をお待ちしております。

また、2011年度から、京都大学は、大阪大学とともに「政策のための科学」という文部科学省の長期の取組の領域拠点に採択されました。様々な政策課題について、所謂有識者の意見やメディアの喧伝によらず、科学的な根拠をもとに論理的に検討し、その結果を社会に伝えて関係者と対話をしていくというプロセスはまだ世界中で発展途上であります。このような新しい領域の教育による人材を養成し、各界に輩出していくということは極めて重要です。関係各位のご支援を賜るとともに、関心のある学生の参加も期待しています。本プログラムのウェブサイトはhttp://stips.jp/ですので、ぜひご参照ください。

研究・教育について

私たちの研究室では、研究室全員が大きく分けてドライチームかウェットチームのどちらかに所属しています。ドライチームは、臨床疫学・薬剤疫学研究、行政や規制関連の研究、医学と社会・産業化の研究、といった研究、ウェットチームでは医薬品・生物製剤・医療機器を用いた新規診断・治療法の探索研究、実験系での新規安全性評価の手法の確立を中心に研究活動をおこなっています。

ドライ領域における研究は、医師や薬剤師、看護師などの医療従事者や、製薬企業で開発や臨床・経済評価を担当する方、省庁で政策や行政を担当する方が有する、それぞれの現場での疑問を実施可能な研究デザインとしてテーマを設定し、教員の指導を受けて研究を実施、論文発表していくことになります。また、将来この分野の顕著な研究者を志す若手学生のサポートも全力で行います。研究のキーワードは臨床疫学、薬剤疫学、医療機器などによる診断疫学、EBM、レギュラトリーサイエンス、費用対効果や比較効用性分析(CER)、ヘルステクノロジーアセスメント(HTA)などとなります。これらの領域は、日本における既存の疾患別臨床医学、基礎医学、医療薬学の枠内では研究業績も人材もまだまだ欠如しているため、私達の教室の活動や出身者は、近い将来、各所から極めて望まれるものとなるでしょう。

ウェット領域における研究は、我々の発明したハイブリッドペプチド技術による抗癌剤の研究が中心となります。次世代創薬も含め、研究のための研究にはとどまらず、薬学部や生命科学、理学などの研究者とは一線を画した医学部の教室ならではの応用研究を念頭においた力強い研究活動を実施しています。

研究業績

ドライ(dry)

  1. Takizawa O, Urushihara H, Tanaka S, Kawakami K. Price difference as a predictor of the selection between brand name and generic statins in Japan. Health Policy, in press, 2015.
  2. Hamada S, Tokumasu S, Sato A, Iwasaku M, Kawakami K. Asthma controller medications for children in Japan: analysis of an administrative claims database. Global Pediatric Health, in press, 2015.
  3. Tanaka Sh, Tanaka Sa, Kawakami K. Methodological issues in observational studies and non-randomized controlled trials in oncology in the era of big data. Jap J Clin Oncol, in press, 2015.
  4. Urushihara H, Kobayashi S, Honjo Y, Kosugi S, Kawakami K. Utilization of antipsychotic drugs in elderly patients with Alzheimer’s disease in ambulatory practice in Japan. Sciece Postprint, 1: e00014. doi:10.14340/spp.2014.01C0003, 2014.
  5. Hamada S, Hinotsu S, Kawai K, Yamada S, Narita S, Yoshimura K, Nishiyama H, Arai Y, Habuchi T, Ogawa O, Kawakami K. Antimetric efficacy and safety of the combination of palonosetron, aprepitant and dexamethasone in testicular cancer patients receiving 5-day cisplatin-based chemotherapy. Supp Care Cancer, in press, 2014.
  6. Katada H, Yukawa N, Urushihara H, Tanaka S, Mimori T, Kawakami K. Prescription patterns and trends in anti-rheumatic drug use based on a large-scale claims database in Japan. Clin Reumatol, doi 10.1007/s10067-013-2482-1, 2014.
  7. Hamada S, Yamauchi Y, Miyake O, Nakayama M, Yamamoto H, Kawakami K. Current environment for conducting clinical researches with medical devices in hospitals in Japan. J Clin Trial, 4: 153. doi:10.4172/2167-0870.1000153, 2014.
  8. Hamada S, Shibata A, Urushihara H, Sengoku S, Suematsu C, Kawakami K. Transaction cost analysis of new drug application affairs in Japan: a case study of a multinational pharmaceutical company. Ther Innov Regulatory Sci, 48: 371-377, 2014.
  9. Ueyama H, Hinotsu S, Tanaka S, Urushihara H, Nakamura M, Nakamura Y, Kawakami K. Application of a self-controlled case series study to a database study in children. Drug Safety, doi 10.1007/s40264-014-0148-9, 2014.
  10. Urushihara H, Kawakami K. Academic clinical trials and drug regulations in Japan: impacts of introducing the Investigational New Drug system. Ther Innov Regulatory Sci, 48: 463-472, 2014.
  11. Onishi Y, Hinotsu S, Furukawa TA, Kawakami K. Psychotropic prescription patterns among patients diagnosed with depressive disorder based on claims database in Japan. Clin Drug Investig, 33: 597-605, 2013.
  12. Takabayashi N, Urushihara H, Kawakami K. Biased safety reporting in blinded randomized clinical trials: meta-analysis of angiotensin receptor blocker trials. PLoS ONE, 8(9): e75027. doi:10.1371/journal.pone.0075027, 2013.
  13. Ohno S, Hinotsu S, Murata K, Kawakami K. A survey of non-small cell lung cancer patients with meningeal carcinomatosis in Japan: incidence and medical resourse consumption. Adv Pharmacoepidem Drug Safety, 2: 133. doi:10.4172/2167-1052.1000133, 2013.
  14. Hinotsu S, Yoshikawa J, Murata K, Horibe T, Kawakami K. Effect of lectures by medical students on the awareness of lifestyle for elementary school students. J Obesity Weight loss Ther, 3: 167. doi:10.4172/2165-7904. 1000167, 2013.
  15. Hamada S, Hinotsu S, Ishiguro H, Toi M, Kawakami K. Cross-national comparison of medical costs shared by payers and patients: a case of postmenopausal women with early-stage breast cancer based on assumption case scenarios and reimbursement fees. Breast Care, 8: 282-288, 2013.
  16. Onishi Y, Hinotsu S, Nakao YM, Urushihara H, Kawakami K. Economic evaluation of pravastatin for primary prevention of coronary artery disease based on risk prediction from JALS-ECC in Japan. Value in Health Reg Issue, 2: 5-12, 2013.
  17. Ogawa A, Hinotsu S, Kawakami K. Does late morning waking-up affect sleep during the following night in patients with primary insomnia? Biol Ryhthm Res, in press, 2013.
  18. Tokumasu H, Hinotsu S, Kita F, Kawakami K. Predictive value of clinical chorioamnionitis in extremely premature infants. Pediatrics Int, 55: 35-38, 2013.
  19. 井村 裕夫、川上 浩司、山本 雄士、小口 しのぶ、辻 真博、中村 亮二. 超高齢社会における先制医療の推進. 独立行政法人科学技術振興機構研究開発戦略センター 戦略イニシアティブCRDS-FY2010-SP-09, 2011.

 

ウェット(wet)

  1. Kohno M, Horibe T, Ohara K, Ito S, Kawakami K. K8L9 and melittin, membrane-lytic peptides, enter the cancer cells via receptor endocytosis in the subcytotoxic exposure. Chem Biol, 21: 1-11, 2014.
  2. Seto K, Shoda J, Horibe T, Warabi E, Kohno M, Yanagawa T, Bukawa H, Nakanuma Y, Kawakami K. Targeting of Interleukin-4 receptor alpha by hybrid peptide for novel biliary tract cancer therapy. Int J Hepatol, 2014: 584650, 2014.
  3. Horibe T, Torisawa A, Okuno Y, Kawakami K. Discovery of protein disulfide isomerase P5 inhibitors that reduce the secretion of MICA from cancer cells. ChemBioChem, 15: 1599-1606, 2014
  4. Honjo Y, Horibe T, Ayaki T, Mori H, Komiya T, Takahashi R, Kawakami K. Protein disulfide isomerase P5-immunopositive inclusuions in patients with Alzheimer disease. J Alzheimer Dis, 38: 601-609, 2014.
  5. Horibe T, Torisawa A, Kohno M, Kawakami K. Synergetic cytotoxic activity toward breast cancer cells enhanced by the combination of Antp-TPR hybrid peptide targeting Hsp90 and Hsp70-targeted peptide. BMC Cancer, 14: 615, 2014.
  6. Gaowa A, Horibe T, Kohno M, Sato K, Harada H, Hiraoka M, Tabata Y, Kawakami K. Combination of hybrid peptide with biodegradable gelatin hydrogel for controlled-release and enhancement of antitumor activity in vivo. J Control Release, 176: 1-7, 2014.
  7. Kohno M, Ohara K, Horibe T, Kawakami K. Inhibition of neurite outgrowth by neuropilin-1 binding peptide derived from semaphorin 3A. Int J Peptide Res Ther, 20: 153-160, 2014.
  8. Horibe T, Torisawa A, Akiyoshi R, Hatta-Ohashi Y, Suzuki H, Kawakami K. Transfection efficacy of normal and cancer cell lines and monitoring of promotor activity by single-cell bioluminescence imaging. J Biolog Chem Luminescence, 29: 96-100, 2014.
  9. Kawamoto M, Horibe T, Kohno M, Kawakami K. HER2 targeted hybrid peptide that blocks HER2 tyrosine kinase, disintegrates cancer cell membrane and inhibits tumor growth in vivo. Mol Cancer Ther, 12: 384-393, 2013.
  10. Seto K, Shoda J, Horibe T, Warabi E, Ishige K, Yamagata K, Kohno M, Yanagawa T, Bukawa H, Kawakami K. Interleukin-4 receptor alpha-based hybrid peptide effectively induces antitumor activity in head and neck squamous cell carcinoma. Oncol Rep, 29: 2147-2153, 2013.
  11. Kawamoto M, Kohno M, Horibe T, Kawakami K. Immunogenicity and toxicity of transferrin receptor-targeted hybrid peptide as a potent anticancer agent. Cancer Chemother Pharmacol, 71: 799-807, 2013.
  12. Horibe T, Kawamoto M, Kohno M, Kawakami K. Cytotoxic activity to acute myeloid leukemia cells by Antp-TPR hybrid peptide targeting Hsp90. J Biosci Bioeng, 114: 96-103, 2012.
  13. Horibe T, Torisawa A, Kohno M, Kawakami K. Molecular mechanism of cytotoxicity induced by Hsp90-targeted Antp-TPR hybrid peptide in glioblastoma cells. Mol Cancer, 11: 59, 2012.