京都大学 大学院医学研究科 社会健康医学系専攻

最新情報

一般 2015年11月24日 2015年若手パブリックヘルス研究者京都国際会議 抄録集が完成しました。 一般 2015年11月17日 2015年 若手パブリックヘルス研究者京都国際会議を開催します。 一般 2015年11月09日 健康増進・行動学分野博士(医学)課程4回生の田近亜蘭さんが筆頭著者の論文が British Journal of Psychiatry(Impact Factor 8.0)に掲載され、11月1日に京都新聞で紹介されました。 一般 2015年10月15日 社会疫学分野のTeeranee Techasrivichien特定助教が、2015年の欧州公衆衛生学会(ミラノ)のヤングリサーチャーフォラムで最高口頭発表演題賞を受賞しました。 一般 2015年10月15日 健康増進・行動学分野古川壽亮教授、薬剤疫学分野田中司朗准教授らの論文が JAMA Psychiatry (Impact Factor 12.01)に掲載されました。 一般 2015年10月13日 世界医学サミットで発表された京都・福島声明を掲載しました。 受験生 2015年08月17日 2015年のオープンキャンパス全体説明会の動画が公開されました。 一般 2015年06月17日 SPH卒業生3名による簡易型心肺蘇生術の普及効果に関する論文が米誌『サーキュレーション』に掲載されました。 一般 2015年06月12日 「博士(医学)課程の富成伸次郎さん(健康情報学分野)が筆頭著者の論文が、 Annals of Neurology誌(Impact Factor[2013]:11.91)に掲載されました。 一般 2015年06月05日 第2回 京都大学・ボルドー大学共催シンポジウムが5月22日に京都大学にて開かれました。 公衆衛生科学セッションが中山健夫教授(健康情報学)座長のもとに行われ、活発なdiscussionを経て、 今後の共同研究のプランニングがなされました。