2013年9月19日 McKibbon先生(カナダMcMaster大学)による特別講演が開催されました。 | 京都大学 大学院医学研究科 社会健康医学系専攻

京都大学 大学院医学研究科 社会健康医学系専攻

2013年9月19日 McKibbon先生(カナダMcMaster大学)による特別講演が開催されました。

在校生 2013年10月02日

【タイトル】「Medication Management using Health Information Technologies and Knowledge Translation」
【演者】Dr. Ann McKibbon
McMaster University,
Associate Professor, Department of
Clinical Epidemiology & Biostatistics,
Director, eHealth MSc Program
http://fhs.mcmaster.ca/ceb/faculty_member_mckibbon.htm
(2013年9月19日京大医学部構内先端棟1階小セミナー室にて。健康情報学主催)

McKibbon先生(カナダMcMaster大学)による特別講演が開催されました
McKibbon先生は、図書館情報学がご専門で、EBMの「教科書」- How to practice and teach EBMの著者の一人、Hyanes先生と共にPubMedのClinical Queriesを構築された方です。ご講演ではEBMや「情報」を巡る最前線のプロジェクト等をお話頂きました。京大SPHの教員、大学院生を中心に約20名ほどが熱心にお話を伺いました。

最後になりましたが、本講演をコーディネイトしてくださった野添篤毅先生(愛知淑徳大名誉教授)に御礼申し上げます。

————————-English————————-

A special lecture by Dr. McKibbon from McMaster University was held at Kyoto University on 19th Sep.
Title:
Medication Management using Health Information Technologies and Knowledge Translation.
Lecturer:
Dr. Ann McKibbon
McMaster University,
Associate Professor, Department of
Clinical Epidemiology & Biostatistics,
Director, eHealth MSc Program
http://fhs.mcmaster.ca/ceb/faculty_member_mckibbon.htm
(Hosted by Department of Health Informatics)
She is a librarian and a chemist. Her specialty is health informatics.
Moreover, she developed Clinical Queries of PubMed with Dr. Hyanes, who was one of the authors of “How to practice and teach EBM.”

She told about recent projects of EBM and “Information.”
About 20 people including students and members of a faculty listened to her lecture with eagerness.

Finally, Dr. Atsutake Nozoe, who are Professor emeritus Aichi Shukutoku Univ, coordinated the lecture. We thank to Dr. Nozoe.