京都大学 大学院医学研究科 社会健康医学系専攻

最新情報

一般 2017年07月31日 講義「臨床試験」のプロトコール作成実習において、グループA(大西龍貴さん、岡田和幸さん、松岡由典さん、六車耕平さん、谷川幸洋さん、増澤祐子さん、菊池志乃さん、岩田歩子さん)が、ベストプロトコール賞を受賞しました。 卒業生 2017年07月03日 SPH卒業生アンケート実施を実施しています。 一般 2017年06月06日 社会健康医学系専攻で初めてダブルディグリープログラムにより海外で学位を取得した河野文子さんのインタビューが掲載されました 在校生 2017年04月10日 ベストティーチャー賞2016授賞式が開催されました。 在校生 2017年02月14日 国民生活基礎調査匿名データ 解析実習を行いました 一般 2016年11月29日 社会疫学分野のPatou M. Musumari特任助教らによるBook Review(“History and epidemics in modern Asia”)がLancet Infectious Disease誌(Volume 16, No. 12)に掲載されました。 一般 2016年11月22日 第2回Kyoto Global Conference for Rising Public Health Researchersを開催しました。 一般 2016年11月01日 予防医療学(健康科学センター) 石見拓教授、川村孝教授、大阪大学 北村哲久助教らの研究成果が、米国の学術誌「New England Journal of Medicine」に掲載されました。 受験生 2016年10月21日 社会健康医学系専攻専門職学位課程の入学試験においては、TOEFL・TOEIC のスコア を利用します(外国語の筆記試験を実施しない)
・出願時にスコア票等の原本1通の提出が必要です。受験からスコア票の到着までにかかる時間を考慮し、出願までにスコア票が入手できるように、十分な余裕を見て(例えば5月中までに)受験するようにしてください。
・出願締切日の2年前以降に受験したスコア票等に限り有効です
・詳細は各年度の募集要項で確認すること
・博士後期課程(及び医学専攻博士課程)の入試は従来どおり、英語の筆記試験を課す
受験生 2016年10月21日 京都大学大学院医学研究科社会健康医学系専攻専門職学位課程に 「臨床統計家育成コース」を新設します