京都大学 大学院医学研究科 社会健康医学系専攻

一般 2022年05月17日 情報学研究科の統計知能分野で、Elsevier社のbibliometric情報に基づき、日本のトップ研究者をリストアップしました。京都大学SPHからは、環境衛生学の西浦博教授がBioinformaticsとMicrobiologyの分野で、健康増進・行動学分野の古川壽亮教授がGeneral & Internal MedicineとPsychiatryの分野で、そして環境衛生学の小泉昭夫名誉教授がEnvironmental SciencesとToxicologyの分野でランクインされています。同様の世界のトップ研究者リストには残念ながら今年は誰も入っていないようです。 一般 2022年05月13日 医学研究科MCR菊池志乃特定助教、京都大学消化器内科妹尾浩教授、健康増進・行動学分野古川壽亮教授らによる薬剤抵抗性過敏性腸症候群に対する集団認知行動療法のRCTに関する論文がAmerican Journal of Gastroenterology (IF=10.864)に発表されました。 一般 2022年05月12日 健康増進・行動学分野 古川壽亮教授は、 Astrid Chevance, Philippe Ravaud (Université Paris Cité), Victoria Cornelius (Imperial College London), Evan Mayo-Wilson (Indiana University)とともに、精神科薬物療法のRCTをもっと臨床に役立つものにしてゆくための提言を Lancet Psychiatry誌(IF=26.5)に 発表しました。 在校生 2022年05月09日 ベストティーチャー賞2021およびベストコースワーク賞2021の受賞発表 在校生 2022年04月04日 2022年度社会健康医学系専攻シラバスを掲載いたしました
一般 2022年05月17日 情報学研究科の統計知能分野で、Elsevier社のbibliometric情報に基づき、日本のトップ研究者をリストアップしました。京都大学SPHからは、環境衛生学の西浦博教授がBioinformaticsとMicrobiologyの分野で、健康増進・行動学分野の古川壽亮教授がGeneral & Internal MedicineとPsychiatryの分野で、そして環境衛生学の小泉昭夫名誉教授がEnvironmental SciencesとToxicologyの分野でランクインされています。同様の世界のトップ研究者リストには残念ながら今年は誰も入っていないようです。 一般 2022年05月13日 医学研究科MCR菊池志乃特定助教、京都大学消化器内科妹尾浩教授、健康増進・行動学分野古川壽亮教授らによる薬剤抵抗性過敏性腸症候群に対する集団認知行動療法のRCTに関する論文がAmerican Journal of Gastroenterology (IF=10.864)に発表されました。 一般 2022年05月12日 健康増進・行動学分野 古川壽亮教授は、 Astrid Chevance, Philippe Ravaud (Université Paris Cité), Victoria Cornelius (Imperial College London), Evan Mayo-Wilson (Indiana University)とともに、精神科薬物療法のRCTをもっと臨床に役立つものにしてゆくための提言を Lancet Psychiatry誌(IF=26.5)に 発表しました。 一般 2022年03月22日 【お知らせ】2022年度オープンキャンパスは4月23日(土)、5月14日(土)ともに完全オンラインに変更となりました。 一般 2022年02月25日 健康増進・行動学分野 古川壽亮教授は、神経科学からグローバルヘルスまで含む幅広い分野の世界11カ国25人の専門家とともに、うつ病の世界的負担を軽減するために一致団結した行動を呼びかける以下の宣言をまとめあげました。本研究成果は、2022年2月16日に、国際学術誌Lancet (IF=79.3) に掲載されました。