京都大学 大学院医学研究科 社会健康医学系専攻

社会健康医学系専攻20周年記念シンポジウム オンライン開催(10/22)

一般 2020年09月07日

社会健康医学系専攻20周年記念シンポジウムを、
10/22(木)午前にオンラインにて開催いたします。
第79回日本公衆衛生学会総会(大会長 今中雄一先生)
と連携して開催いたしますので、奮ってご参加ください。
 

タイトル:これからの公衆衛生学-社会健康医学とNew Public Health

日時:2020 年10 月22 日(木) 9:00 から12:00
参加費:無料
司会: 副専攻長 川上浩司(薬剤疫学)

プログラム(案)
9:00-9:10 祝辞
9:10-9:30 社会健康医学系専攻の歴史(仮)
専攻長 古川壽亮(健康増進・行動学)
9:30-10:50 シンポジウム「社会健康医学とわたし」
1. 総合力の社会健康医学 山崎 新
    国立環境研究所(2001 年修了、理論疫学[現 医療疫学])
2. 未定 石見 拓
    京都大学健康科学センター(2006 年修了、予防医療学MCR)
3. 社会健康医学で学んだことを国の行政に生かす 市川佳世子
    厚生労働省母子保健課(2011 年修了、健康情報学MCR)
4. 課題を “見つける” から “解決する” まで 二村明憲
    グラクソ・スミスクライン株式会社(2016 年修了、医療統計学)
9:30-10:50 パラレルセッション「社会健康医学のいま」
11:00-11:55 パネルディスカッション「社会健康医学の未来」
座長
    副専攻長 今中雄一(医療経済学)

パネリスト
    福井次矢 聖路加国際病院 病院長
    橋本英樹 東京大学大学院医学系研究科公共健康医学専攻 専攻長
    佐々木昌弘 厚生労働省 大臣官房厚生科学課 課長
    他

11:55-12:00 閉会のあいさつ