京都大学 大学院医学研究科 社会健康医学系専攻

社会疫学

私達は「健康の社会的決定要因」について
主に疫学の手法を用いて解明し
そこから生じる健康格差をコントロールするための
研究をしています。

  • 教授:近藤 尚己

概要

  • 社会疫学分野
  • 教授:近藤 尚己
  • 特定助教:長谷田 真帆
  • 研究員:Andrew Stickley
  • 研究員:佐藤 豪竜
  • 日本学術振興会SPD:木野 志保
  • TEL:075-753-4355
  • e-mail:klab1kyoto@gmail.com
  • URL:http://plaza.umin.ac.jp/~naoki_kondo/

当分野について

人々の健康は、学歴や所得、職業、人とのつながりといった社会的な状況の影響を受けます。また、国や地域の政策や文化、景気動向や所得格差といった社会環境の影響も受けます。そのため「適度に運動しよう」「たばこはやめよう」といった個人の理性的な行動を促すアプローチだけでは人々の健康を護ることはできません。社会疫学はこれら「健康の社会的決定要因」について、主に疫学の手法を用いて解明し、そこから生じる健康格差をコントロールするための研究をしています。「だれもが自然と健康になれる社会づくり」を目指しています。

社会研究・教育について

2020年9月に着任した近藤を中心に、以下の研究に取り組んでいます。

  1. 日本老年学的評価研究(JAGES)・・・全国約60自治体20万人、海外2か国が参加する高齢者の健康の社会的決定要因に関する国際共同研究。
  2. 「社会的処方」の研究・・・「せっかく治療した患者さんを病気にした元の環境に戻さない。」そのために、医療と地域福祉とが密に連携して、地域共生社会づくりに参画できる仕組みづくりを目指しています。患者の生活課題をスクリーニングする調査票開発、生活保護受給者の健康管理支援システムの開発など。
  3. 企業との「楽しい」共同研究・・・人の感性に寄り添い「自然と健康づくりに取り組める社会サービス」で健康格差の是正を。去年の自分と戦う職域健診「健診戦」(博報堂)・住むと健康になるサービス付き高齢者住宅(東京電力)・フリマアプリで老後もアクティブに(メルカリ)・オンライン健康相談で妊娠・子育てに伴走(キッズパブリック)など。
  4. 異分野とのコラボ・・・人間だけ健康になっても仕方ない。地球・生き物・ひと―「三方よし」のポストコロナ社会をつくります。

*京都大学での講義は2021年度より順次開講します。

▲健康格差について知りたい人はまずコチラ
リラックスして読める

▲がっつり勉強したい派はコチラ

研究業績(抜粋:全リストはこちら:https://scholar.google.com/citations?user=ESq4XuAAAAAJ&hl=en

  • 西岡大輔, 上野恵子, 舟越光彦, 斉藤雅茂, 近藤尚己. 医療機関で用いる患者の生活困窮評価尺度の開発. 日本公衆衛生雑誌2020;67:461-70.10.11236/jph.67.7_461.
  • Sato K*, Amemiya A, Haseda M, Takagi D, Kanamori M, Kondo K, Kondo N. Post-disaster Changes in Social Capital and Mental Health: A Natural Experiment from the 2016 Kumamoto Earthquake. American Journal of Epidemiology. 2020.DOI: 10.1093/aje/kwaa041
  • Kanamori M*, Kondo N, Juarez S, Dunlavy A, Cederström A, Rostila M. Rural life and suicide: Does the effect of the community context vary by country of birth? A Swedish registry-based multilevel cohort study. Soc Sci Med 2020;253:112958.
  • Nansai K*, Fry J, Malik A, Takayanagi W, Kondo N. Carbon footprint of Japanese health care services from 2011 to 2015. Resources Conservation and Recycling 2020;152:104525.
  • Nagatomo W, Saito J, Kondo N*. Effectiveness of a low-value financial-incentive program for increasing vegetable-rich restaurant meal selection and reducing socioeconomic inequality: a cluster crossover trial. Int J Behav Nutr Phys Act 2019;16:81