京都大学 大学院医学研究科 社会健康医学系専攻

健康情報学

生・老・病・死に向き合う時、
人間を元気づけられる「情報」と
「コミュニケーション」とは何か―。

  • class_nakayama
  • 教 授/中山 健夫
  • Takeo Nakayama, M.D., Ph.D.Professor

概要

  • 健康管理学講座 健康情報学分野
  • 教 授 : 中山 健夫
  • 講 師 : 高橋 由光
  • TEL : 075-753-9477
  • FAX : 075-753-9478
  • e-mail:
  • URL: http://www.healthim.umin.jp/

情報(information)とは、「(意思決定において不確実さ(uncertainty)を減ずるもの 」(シャノン) と定義されています。本分野は、健康・医療に関する問題解決を支援する情報のあり方を追求し、情報を「つくる・つたえる・つかう」の視点で捉え、より望ましい環境の整備を推進する研究と実践に取り組むものです。その対象は、医療者だけではなく、患者・介護者・支援者などの医療消費者全般を含み、また個人から社会レベルの意思決定の支援を想定しています。従来の公衆衛生や臨床の枠組みにこだわらず、健康や医療に関わる情報を横断的に扱い、Evidence-based Healthcare(診療ガイドライン、システマティック・レビュー、決断分析などを含む)、情報リテラシー、e-ヘルス、ヘルス・コミュニケーション、個人情報保護やアカウンタビリティの情報倫理などの教育・研究を進めています。

研究・教育について

疫学 I

本専攻の必修科目として、疫学の原理と方法論、研究デザイン、倫理的配慮などについて入門的な講義を行います(医療統計学・予防医療学分野と共同)。

文献検索法

リサーチクエスチョンの作り方から、PubMed, 医学中央雑誌などの代表的な医学データベースを活用して検索技術の習得を支援します。

文献評価法

疫学・EBMの知識を活用して代表的な研究デザインの論文を適切に吟味し、利用する方法を学びます。

健康情報学

健康・医療情報、データや知識の収集、蓄積、伝達、検索、評価法について講義します。情報リテラシー、ヘルス・コミュニケーション、個人情報保護問題などの情報倫理の問題を取り扱います。

EBM・診療ガイドライン特論

臨床医療の基盤となりつつあるEBM(根拠に基づく診療)と、EBMを用いた診療ガイドラインの歴史、国内外の動向と展望を学びます。実習を通して、近年大きく進歩しつつある診療ガイドラインの評価・作成の方法の実際を経験します。患者・家族とのコミュニケーション、法的な意味合い、医療資源の配置など社会的な視点から診療ガイドラインの可能性と課題を考えます。

疫学データ解析実習

疫学データの解析と活用の実際を学びます。

フィールドワーク

長浜市と行っているながはま0次予防コホート事業における0次健診で、フィールドワークの実際を学びます。

eヘルス概論

インターネットの基礎知識を説明し、ヘルスケアにおけるインターネットの活用事例および研究について講義を行います。ヘルスケアとインターネットに関する、各種ガイドライン・チェックリストを紹介し、批判的に吟味しつつ、適切に情報を利活用する方法を学びます。

ヘルスサイエンス研究の進め方

医療・ヘルスサイエンス研究を進めるにあたって必要な、明確で正確なコミュニケーションの基本的知識、公正な科学活動(リサーチインテグリティ)を学びます。
*以上の社会健康医学系専攻の講義に加え、グローバル生存学(GSS)、政策のための科学(STiPS)などの大学院、医学部医学科、全学共通の学部教育の一部を担当しています。

研究活動

情報(エビデンス・ナラティブ)を「つくる」「つたえる」「つかう」の視点から様々な研究に取り組んでいます。

  • 「つくる」・・・疫学研究(ゲノム・アプローチをを含む)、インフォームド・コンセントや個人情報保護などの情報倫理、
    学術情報評価、ヘルスサービス研究
  • 「つたえる」・・・システマティック・レビュー、診療ガイドライン、医療情報データベース構築、
    予測モデル・意思決定支援ツールの開発、ヘルス・コミュニケーション
  • 「つかう」・・・インターネットやマスメディアによる健康・医療情報リテラシー、
    shared decision making(共有意思決定)の研究

これらはいずれも社会的な要請・期待が近年高まりつつある領域であり、公的な研究として支援、推進されている課題も多くあります。本分野はこれらの課題に柔軟かつ積極的に取り組んでいきたいと考えています。
上記に加え、京都大学大学院医学研究科と滋賀県長浜市が連携して取り組んでいる『0次予防健康づくり推進事業』というゲノム・コホート研究、環境省「エコチル調査:子どもの健康と環境に関する全国調査」京都ユニットセンターと連携した妊婦・小児への黄砂の健康影響に関する疫学研究、進行がん患者に対するステロイド投与の倦怠感とQOLへの影響に関する多施設共同プラセボ対照二重盲検ランダム化試験(PAlliative medicine Steroid intervention Quality of life trial: PASQol)などに取り組んでいます。また健康情報学分野は臨床研究者養成コース(MCR)の参画分野の一つでもあります。

研究業績(2012~抜粋)

    1. Tominari S, Morita A, Ishibashi T, Yamazaki T, Takao H, Murayama Y, Sonobe M, Yonekura M, Saito N, Shiokawa Y, Date I, Tominaga T, Nozaki K, Houkin K, MiyamotoS, Kirino T, Hashi K, Nakayama T; Unruptured Cerebral Aneurysm Study Japan Investigators. Prediction model for 3-year rupture risk of unruptured cerebral aneurysms in Japanese patients. Ann Neurol. 2015 Jun;77(6):1050-9.
    2. Miyamoto K, Iwakuma M, Nakayama T. Residents’ awareness and attitudes about an ongoing community-based genome cohort study in Nagahama, Japan. Public Underst Sci. 2015 Mar 12.
    3. Suka M, Odajima T, Okamoto M, Sumitani M, Igarashi A, Ishikawa H, Kusama M, Yamamoto M, Nakayama T, Sugimori H. Relationship between health literacy, health information access, health behavior, and health status in Japanese people. Patient Educ Couns. 2015 May;98(5):660-8.
    4. Tabara Y, Takahashi Y, Kawaguchi T, Setoh K, Terao C, Yamada R, Kosugi S, Sekine A, Nakayama T, Matsuda F; Nagahama Study Group. Association of serum-free fatty acid level with reduced reflection pressure wave magnitude and central blood pressure: the Nagahama study. Hypertension. 2014 Dec;64(6):1212-8.
    5. Tsuru S, Mizuki M, Wako F, Omori M, Nakayama T. Development of structured clinical process model of dementia. Stud Health Technol Inform. 2014;205:672-6.
    6. Kuriyama A, Takahashi Y, Tsujimura Y, Miyazaki K, Satoh T, Ikeda S, Nakayama T. Predicting failure to follow-up screened high blood pressure in Japan: a cohort study. J Public Health (Oxf). 2014 Aug 7. pii: fdu056.
    7. Kanatani KT, Adachi Y, Sugimoto N, Noma H, Onishi K, Hamazaki K, Takahashi Y, Ito I, Egawa M, Sato K, Go T, Kurozawa Y, Inadera H, Konishi I, Nakayama T; Japan Environment & Children’s Study Group. Birth cohort study on the effects of desert dust exposure on children’s health: protocol of an adjunct study of the Japan
      Environment & Children’s Study. BMJ Open. 2014 Jun 23;4(6):e004863.
    8. Tsujimura Y, Takahashi Y, Ishizaki T, Kuriyama A, Miyazaki K, Satoh T, Ikeda S, Kimura S, Nakayama T. Predictors of hyperglycaemic individuals who do not follow up with physicians after screening in Japan: a cohort study. Diabetes Res Clin Pract. 2014 Aug;105(2):176-84.
    9. Nakaoka S, Ishizaki T, Urushihara H, Satoh T, Ikeda S, Yamamoto M, Nakayama T.Prescribing pattern of anti-Parkinson drugs in Japan: a trend analysis from 2005 to 2010. PLoS One. 2014 Jun 6;9(6):e99021.
    10. Seta T, Noguchi Y, Shikata S, Nakayama T. Treatment of acute pancreatitis with protease inhibitors administered through intravenous infusion: an updated systematic review and meta-analysis. BMC Gastroenterol. 2014 May 30;14:102.
    11. Sengoku T, Matsumura K, Usami M, Takahashi Y, Nakayama T. Diagnostic accuracy of FDG-PET cancer screening in asymptomatic individuals: use of record linkage from the Osaka Cancer Registry. Int J Clin Oncol. 2014 Dec;19(6):989-97.
    12. Asayama K, Satoh M, Murakami Y, Ohkubo T, Nagasawa SY, Tsuji I, Nakayama T, Okayama A, Miura K, Imai Y, Ueshima H, Okamura T; Evidence for
      Cardiovascular Prevention From Observational Cohorts in Japan (EPOCH-JAPAN) Research Group. Cardiovascular risk with and without antihypertensive drug treatment in the Japanese general population: participant-level meta-analysis. Hypertension. 2014 Jun;63(6):1189-97.
    13. Greving JP, Wermer MJ, Brown RD Jr, Morita A, Juvela S, Yonekura M, Ishibashi T, Torner JC, Nakayama T, Rinkel GJ, Algra A. Development of the PHASES score for prediction of risk of rupture of intracranial aneurysms: a pooled analysis of six prospective cohort studies. Lancet Neurol. 2014 Jan;13(1):59-66.
    14. Ichikawa K, Takahashi Y, Ando M, Anme T, Ishizaki T, Yamaguchi H, Nakayama T. TEACCH-based group social skills training for children with high-functioning autism: a pilot randomized controlled trial. Biopsychosoc Med. 2013 Oct 1;7(1):14.
    15. Amagasa T, Nakayama T. Relationship between long working hours and
      depression: a 3-year longitudinal study of clerical workers. J Occup Environ Med.2013 Aug;55(8):863-72.
    16. Mori H, Nakayama T. Academic impact of qualitative studies in healthcare:bibliometric analysis. PLoS One. 2013;8(3):e57371.
    17. UCAS Japan Investigators, Morita A, Kirino T, Hashi K, Aoki N, Fukuhara S,Hashimoto N, Nakayama T, Sakai M, Teramoto A, Tominari S, Yoshimoto T. The natural course of unruptured cerebral aneurysms in a Japanese cohort. N Engl J Med. 2012 Jun 28;366(26):2474-82.
    18. Chiba Y, Oguttu MA, Nakayama T. Quantitative and qualitative verification of data quality in the childbirth registers of two rural district hospitals in Western Kenya. Midwifery. 2012 Jun;28(3):329-39.
    19. Miyazaki K, Suzukamo Y, Shimozuma K, Nakayama T. Verification of the psychometric properties of the Japanese version of the European Organization for Research and Treatment of Cancer Quality of Life Questionnaire Core 15 palliative (EORTCQLQ-C15-PAL). Qual Life Res. 2012 Mar;21(2):335-40.
    20. Mori H, Fukuda R, Hayashi A, Yamamoto K, Misago C, Nakayama T.
      Characteristics of caregiver perceptions of end-of-life caregiving experiences in cancer survivorship: in-depth interview study. Psychooncology. 2012 Jun;21(6):666-74.

主な書籍

  • 健康・医療の情報を読み解く:健康情報学への招待(第2版) 丸善出版
  • ヘルスコミュニケーション実践ガイド (日本評論社)
  • 臨床研究と疫学研究のための国際ルール集 (ライフサイエンス出版)
  • トムラングの医学論文「執筆・出版・発表」実践ガイド(シナジー)
  • 栄養科学シリーズNEXTシリーズ公衆衛生学第3版 (講談社サイエンティフック)
  • 公衆栄養の科学 理工図書
  • 京大医学部の最先端授業:「合理的思考」の教科書(すばる舎)
  • 最悪に備えよ―医薬品および他の医療関連危機を予測し回避または管理する(じほう)
  • 健康情報コモンズ(ディジタルアーカイブズ)
  • 医療ビッグデータがもたらす社会変革(日経BP)

研究活動・その他

研究費[2009年~代表]

【厚生労働科学研究】

2010~13年度:国民のがん情報不足感の解消に向けた「患者視点情報」のデータベース構築とその活用・影響に関する研究(中山健夫)
2012~13年度:システマティックレビューを活用した診療ガイドラインの作成と臨床現場におけるEBM普及促進に向けた基盤整備〈指定課題〉(中山健夫)
2014~15年度:社会的責任に応える医療の基盤となる診療ガイドラインの課題と可能性の研究〈指定課題〉(中山健夫)
2014~16年度:高齢者医療の適正化推進に向けたエビデンス診療ギャップの解明―京都大学オンサイト センターにおけるナショナル・データベース(NDB)の活用に関する研究〈指定課題〉(中山健夫)

【文部科学省科学研究費補助金】

2012~3年度:挑戦的萌芽研究 健診要医療判定・医療未受診者の特性:健診・レセプト突合による疫学研究と質的研究(中山健夫)
2012~5年度:基盤(B) 緩和ケアの新たな展望に向けた研究:診療ガイドラインと患者の価値観・QOLの課題(宮崎貴久子)
2013~5年度:挑戦的萌芽 患者の重複受診行動の要因解明:保険者レセプトデータを用いたネットワーク分析(高橋由光)
2013~5年度:基盤(C) 過度な紫外線対策とアレルギー 2013-5年度 (金谷久美子)
2014~5年度:挑戦的萌芽研究 疫学研究への展開と患者支援を目指す新たな生涯電子カルテ(EHR)システムの構築(中山健夫)

【環境省環境研究総合推進費】

2011~3年度:戸外活動時間を考慮に入れた、土壌性ダスト(黄砂)による呼吸器/アレルギー疾患リスクの定量的評価(中山)
2015~7年度:黄砂の乳幼児への短期影響―燃焼性大気汚染物質による影響修飾―(中山)

【科学技術開発センター RISTEX】

2013年度:プロジェクト企画調査 医療健康情報の一元化と社会実装に向けた基盤研究(中山健夫)

診療・公衆衛生ガイドラインの作成・評価・普及への貢献

関節リウマチ(厚生労働科学研究)、急性中耳炎(日本耳科学会)、慢性副鼻くう炎(日本鼻科学会)、嚥下障害(日本耳鼻咽喉科学会)、褥瘡(日本褥瘡学会)、がん検診(厚生労働科学研究)、腰椎椎間板ヘルニア(日本整形外科学会、評価プロジェクト)、日本神経学会(診療ガイドライン統括委員)、日本消化器病学会(診療ガイドライン統括委員)周産期ドメスティックバイオレンス(聖路加看護大COE、外部評価)、高尿酸血症状(痛風・核酸代謝学会)、日本緩和医療学会、日本小児アレルギー学会、他。

授業風景